どこから借りる?融資先を賢く選ぶのが起業成功の第一歩

融資を受けるにはしっかりとした事業計画を立てましょう

多めに借りて好スタートを切る

日本政策金融公庫は政府が出資している金融機関で、起業の際に積極的に事業資金の融資を行っています。資金融資だけではなく事業についてのアドバイスやサポートもあり、非常に利用しやすいのが特徴です。

大きなメリットとしてはまず、借入上限金額が大きいという点が挙げられます。起業時の資金は余裕があるに越したことはなく、少額しか借りられなかったために不十分な準備のまま経営を始めてスムーズにいかなくなったなどという事態を避けられます。

また融資の審査が他の金融機関よりも比較的通りやすかったり無担保・無保証での借入が可能だったり、融資における魅力的な面がたくさんあります。日本政策金融公庫は、起業に対して全面的にバックアップしてくれる非常に心強い味方と言えます。

審査時間を見越した申し込みを

起業する人にとって願ったりかなったりの好条件がそろっている日本政策金融公庫ですが、気をつけなければならない点もあります。

日本政策金融公庫から融資を受ける場合、一般の金融機関よりも審査に時間がかかってしまいます。用意する書類は借入申込書をはじめ、創業計画書や不動産の賃貸借契約書など数が多いです。また書類のチェック後に面談が行われ、事業や返済の計画内容について詳細な聞き取りがあります。これらを合わせると融資実行までにおよそ一ヶ月の期間を要し、書類に不備などがあるとさらに時間がとられてしまいます。

融資までの準備は審査期間を計算に入れたうえで、時間に余裕を持って済ませておく必要があります。少しでも早く事業を始めたい人は、別の金融機関からの融資も視野に入れておきましょう。